カギトラブルを鍵屋に相談【話やメールで無料相談を受付中】

家の鍵を失くして困ったら

男性

素早い対処が人気

最近、鍵の専門会社に「鍵なくした」という言う問い合わせや依頼が増えています。「鍵なくした」と言う人の殆どは、外出中に家の鍵を落としたというケースが殆どです。留守番している家族がいなければ、当人は完全に家の外に閉めり出されることになります。そんな場合でも、鍵の専門会社は、すぐ駆け付けてくれます。そして、30分と掛からずに、家の鍵を開錠してくれます。そして、必要があれば、その場で鍵の交換もしてくれます。今では、アパートの鍵なくしたという事例で、やむなく友人の家に転がり込むという人も減っています。鍵の専門会社があることで、「鍵なくした」の悲劇は激減しています。しかし、鍵の専門会社に開錠を依頼する場合には、注意も必要です。家やアパートの鍵を紛失して開錠を依頼する場合、その家の住人である証明が必要となります。実は、開錠する家の住人に成りすました空き巣という場合も結構あるので、会社としては万全を期す姿勢を示しているのです。そんな場合でも、運転免許証や保険証など、住所を証明する物があれば問題は起こりません。しかし、時には身分証明書を所持していない時に、鍵を失くす人がいたりします。そのような場合はどうしたら良いか、ちょっとした工夫で乗り切ることができます。家の隣人の協力が得られれば、鍵を紛失した本人であることを証明してもらえます。運悪く隣人が留守いう場合は、会社の上司や同僚に連絡をして、本人であることを立証してもらっても大丈夫です。